コーケン フレックススピーダー

2018/1/14の記事
Koken フレックススピーダー
見ての通りグリップはスナップオンのハードグリップを装着
グリップの回転は少しゴリゴリ感があってスムーズさに欠けるが
実際の使用では気になるレベルでは無い。
イメージ 1

個体差があるのかも知れないが、スナップオンの方が回転はスムーズ
イメージ 2イメージ 3

フレックス部のフリクションはボールが仕込まれるタイプで
0°と90°に固定も出来る。

コーケンに限らず国内メーカーのフレックス物は何故か
多くがこのタイプで余計な位置決めは不要派なのですが
どうやら私は一般的なメカニックの工具に対する
考え方が違う人間のようです。
イメージ 4
位置決め必要派のユーザーを否定するつもりはありませんが
もしフレックスラチェットでこのタイプなら自分はまず買わない。
首振りはスプリングワッシャーでフリクションを持たせている方が
扱いやすくイライラしないで精神的にも良い。

少し前にトネの72ギア、フレックスラチェットを買おうと考えていたが
あのフレックスの構造を見て一気に冷めた。


タイヤの脱着に使ってみてスナップオンと比べ
しなる感じは同じと言って良いぐらいしっかりしていて

真っ直ぐなスピンナーハンドルと比べても違和感は無い。
イメージ 5イメージ 6

使い勝手とは直接関係ないが
四か所の曲げは冶具による跡が多少なりとも付くものですが
コーケンのスピーダーはそんな跡が全く無く、美しい曲げで
どうやってこんなに綺麗に曲げたんだろうと感心する。







コメント

非公開コメント