レガシィB4 ザーレン0W-30

2017/5/14の記事
ザーレンのアルファ030 0W-30合成油

国の認証、指定を受けた事業者へ卸す販売方法で
詳しい事は聞いていないが他にもいくつか決まり事があるらしく
ザーレンを仕入れ、販売する場合、それらの契約が必要。

乱売を防ぐというのも一つの目的ようだが
敷居が高いというか、やり方が好きになれない。

ちょっと試してみたいからと事業者が気軽に購入できないのである。
そこである方へ無理を言って4.5Lだけ小分けで買わせて頂いた。
イメージ 1
画像はHPからの物で実物の粘度は0W-30
交換前は比較で決定したスノコ5W-30、ATFはガルフを入れている。

ATF交換でフィーリングは良くなっているので
今までのオイルと比較は難しいが、スノコと比べレスポンスは落ち
スムーズさはあるものの特に何かが良いと言うのもない。

燃費計で11.7㎞ 外気温27度
170㎞しか走っていないがもういいかなと言う感じ。


実は昔、町の整備工場で働いていた事があって、そこがザーレンを販売しており
社長曰く、ものすごく良いオイルだと力説していた覚えがある。
工場の隅に埃を被ったオイルのテスター(ティムケンテスター?)もあった。

当時の自分はオイルなんてどこもそんなに違いは無いと言う考えで
そのオイルの違いは分からなかったし、エンジン分解時も
結構なスラッジが堆積していた記憶もあり、良いイメージは無かったのです。

それも十数年前の経験なので、今のザーレンはどうなのか?
昔のイメージを払拭できるのではとやってみたが変わらなかった。

コメント

非公開コメント